カフェ経営で競合他社と差別化をはかるには?

個人経営のカフェ開業ブームは、日本においては2000年ころにもっとも盛り上がりました。脱サラし、コーヒーや紅茶、食事にこだわった空間を作り出そうと多くの人が挑戦しました。カフェのみならず、飲食店を続けていく苦労は並大抵のことではありません。大手チェーン店や老舗喫茶店などたくさんの店舗が軒を連ねるなか、生き残るためには「差別化」が鍵となります。

他社と一線を画した、自分の店だけのこだわりの空間を演出する必要があるでしょう。本記事ではカフェを開業するうえで、自分ならではの空間を演出するには欠かせない設備をご紹介いたします。

こだわりの空間を演出する設備

【オーディオ機器】

音楽は店舗の雰囲気を大きく左右します。どのようなコンセプトを持ったカフェを経営するにしろ、コンセプトにあったBGMは必須です。そのBGMの魅力を最大限引き出すためにも、オーディオ機器にはこだわりましょう。

とはいえ、無理に高級な機器を購入する必要はありません。比較的安価な製品でも、たとえば重低音に強い、ボーカルの声がよく響くような調整をされているなど、さまざまな特色を持っています。家電量販店で店員さんに確認してから購入することをおすすめします。

店内BGMはリラックスして過ごせるようなスローテンポな曲ばかりではなく、あえてハードロックやメタルなど激しい音楽を選択することもできます。重要なことは店舗全体のコンセプトを定め、それを尊重することです。

【書棚】

自由に読める書棚を用意することで、ゆったりできる居心地の良い空間になります。市販のものだけではなく、自費出版の写真集や自主製作の小説などを置いているカフェもあります。

たとえば、小説家になりたい人や小説家の憩いの場にしたいという場合は、利用者からサンプル本を募り、設置するとよいでしょう。ファンと作家の交流の場にもなるため、定期的に交流イベントを開催するとよいでしょう。

どのような場合もはじめのうちはオーナーの趣味に合わせた書籍を設置しましょう。無理に新しい本を購入し、設置する必要はありません。店舗を利用する人に読んでもらいたい本やすすめたい本をさりげなく置く、という認識でいればどの本を設置しようかと迷うことはないでしょう。

【冷蔵ショーケース】

ケーキやプリンなど、見た目にこだわった食事を提供するのであれば絶対に用意したほうが良い設備です。メニューにも写真を掲載することは可能ですが、実物が与えられるインパクトにはかないません。

新品の冷蔵ショーケースはとても高価なものですが、こちらの専門業者のように、新品もディスカウント価格で販売している業者もあります。うまく活用することで初期投金額を大幅に抑えることも可能です。またこちらの業者ではリース契約も可能です。途中解約ができないなどのいくつかの注意点がありますが、安価で新製品を使えるという点は大きなメリットでしょう。

カフェを開き、経営を続けるためには経営手腕だけではなく設備などにこだわり、自分にしかできない空間を作り出すことが大切です。そして、なによりも重要なことは固定のファンを作ることです。それにはコンセプトがなければ始まりません。自分がどのような店舗を経営したいかということをコンセプトという面から突き詰めて、必要な設備の取捨選択をしましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL